日豪若手研究者交流促進事業(ERLEP)
  2015年7月1日

T.日豪若手研究者交流促進事業(ERLEP)とは
U.第4回日豪若手研究者交流促進事業(2015/16年度) 
V.第3回日豪若手研究者交流促進事業(2013/14年度)
W.第2回日豪若手研究者交流促進事業(2011/12年度)
X.第1回日豪若手研究者交流促進事業(2009/10年度)
Y.参加者による日豪協力に関する情報
 
T.日豪若手研究者交流促進事業(ERLEP)とは
 独立行政法人日本学術振興会、公益社団法人日本工学アカデミー及び豪州理工学アカデミーの3機関は、協力して、応用研究領域における日豪の若手〜中堅の研究者を2週間程度、相互に相手国の研究機関を訪問する機会を設ける「日豪若手研究者交流促進事業」を実施しています。本事業は、平成20年の日豪政府間合意に基づき、次世代研究リーダー育成のために日豪両国が協力して実施する交流計画です。
 

II. 第4回日豪若手研究者交流促進事業(2015/16年度)

 本事業による第4回日本人研究者の派遣は、下記のように実施することになりました。

                 記

[派遣期間]    2015年10月17日(出発)から10月31日(帰国)まで
[派遣対象領域]  * Technologies for the promotion of healthy ageing and wellbeing
         * New materials, Biotechnology and Nanotechnology
         * Emerging power systems in the changing environment and the needs of the
          power system transition process
         * Capturing the benefits of ICT
[派遣人数]    総計 9名
[派遣研究者募集] 公益社団法人日本工学アカデミーのウェブサイト上で2015年2月20日より公募を
         開始し、 5月7日で締め切りました。
[派遣決定者]   A: Technologies for the promotion of healthy ageing and wellbeing分野
          川井隆之(理化学研究所)  裄V琢史(大阪大学)
         B: New materials, Biotechnology and Nanotechnology分野
          阪本康弘(大阪大学) 藤田正博(上智大学) 松井龍之介(三重大学)
         C: Emerging power systems in the changing environment and the needs of
          the power system transition process分野

          坂本織江(上智大学) 田中拓也(大成建設)
         D: Capturing the benefits of ICT分野
          後藤佑介(岡山大学) 田中宏和(北陸先端科学技術大学院大学)
[選考委員会]   選考委員長
          小泉英明   公益社団法人日本工学アカデミー副会長(国際担当)
         A分野選考委員
          佐藤正明   東北大学学際科学フロンティア研究所長
          大隅典子   東北大学大学院医学系研究科創生応用医学研究センター・
                 脳神経科学コアセンター長
          松本陽子   崇城大学大学院工学研究科教授・(応用生命科学)専攻長
         B分野選考委員
          長井 寿   国立研究開発法人物質・材料研究機構構造材料研究拠点拠点長
          石川隆司   名古屋大学特任教授・ナショナルコンポジットセンター担当
                 総長補佐
          片岡一則   東京大学大学院工学系研究科教授
         C分野選考委員
          鈴木 浩   日本経済大学大学院教授・メタエンジニアリング研究所所長
          浅野浩志   一般財団法人電力中央研究所副研究参事
          臼田誠次郎  日本工営株式会社特別顧問
         D分野選考委員
          酒井善則   放送大学特任教授・東京渋谷学習センター所長
          石田 亨   京都大学大学院情報学研究科教授
          舘  ワ   東京大学名誉教授

 
 

V. 第3回日豪若手研究者交流促進事業(2013/14年度

  (日本→豪州;2014年2月15日〜3月1日)
概要     ・報告
  (豪州→日本;2014年11月3日〜11月15日)
概要     ・報告
 
 

W.第2回日豪若手研究者交流促進事業(2011/12年度)

  (日本→豪州;2012年2月18日〜3月3日)
概要     ・報告
  (豪州→日本;2013年3月2日〜16日)
概要     ・報告
  豪州理工学アカデミー発行のメディアリリース(03 August 2011)
 
 

X.第1回日豪若手研究者交流促進事業(2009/10年度)

 
(日本→豪州;2010年2月13日〜27日)
概要     ・報告
 

(豪州→日本;2010年11月13日〜27日)

概要     ・報告

 
豪州理工学アカデミー発行のメディアリリース(21 August 2009)
  豪州理工学アカデミー発行の第1回事業終了報告

Y.参加者による日豪協力に関する情報
  Japan-Australia Symposium on Plant Sciences (後藤デレック、Mike Jones)
2012年12月11日-12日、オーストラリア・パース
  Angewandte Chemie International Editionに共著論文掲載(古川修平、Paolo Falcaro)
"Doping Light Emitters into Metal-Organic Frameworks"

以上