立法府とアカデミアの知的情報共有に関する調査・試行研究

 国民を代表する立法府は科学技術政策の立案、実施にあたって枢要な位置を占めている。今後、その重要性がさらに高まっていくことが想定される。だが、現状では、科学技術に関わる知的情報を創出するアカデミアと立法府の間で緊密な情報交流、特に組織的な情報交流があるとはいえない。そこで、立法府が科学情報の活用能力を高めるために、EAJがどのように対応すべきかを検討し、実現に移していく。

 2017年度は、国立国会図書館からの受託調査「政策決定と科学的リテラシー」において、海外のアカデミーでは、a)国会議員も含む広範な分野の専門家のネットワーク・コミュニケーションの展開のために誰もが参加できるプラットフォーム(場)を作り、その中核となっている例があること、b)政策の提言にあたっては複数の選択肢を提示していること、などを紹介した。2018年度は文部科学省において科学技術・学術政策研究所と共催で講演会を開催し本報告書の内容を紹介しつつ、現状を変えていくためにすべきことについての意見交換を行った。

 2019年度は、新技術振興渡辺記念会からの助成を受け、EAJ自らの課題として、アカデミアと立法府の間の情報交流を活発化するために、アカデミア側がどのような努力をしていくべきかを、アカデミア側の関係機関、関係者の協力を得つつ、先進各国の「アカデミー」と呼ばれる団体の活動に特に焦点を当てて事例を調査し、その結果を参考としながら、課題と具体策を取りまとめた『国会議員と科学者の政策共創実現に向けた提言」を作成した。提言のとりまとめにあたっては、衆議院において「政治家と研究者を混ぜると、何が起こるか?」というワークショップを開き、国会議員と会員の間で本音の意見交換を行った。2020年度はEAJに政策共創推進委員会を設立し、国会議員との科学情報の共有を目指した活動を行うこととしている。


リーダー:永野 博


 
・2020年08月10日 日本経済新聞『日経電子版』に記事が掲載されました。

『日経電子版』掲載記事はこちらよりご覧ください。 

 
・2020年07月21日 「共同通信OBによるウェブサイトWatchdog21」に紹介記事が掲載されました。

「共同通信OBによるウェブサイトWatchdog21(https://watchdog21.com/)」に EAJ報告書「立法府とアカデミアの知的情報共有に関する調査・試行研究」『国会議員と科学者の政策共創実現に向けた提言』を紹介する記事が掲載されました。(掲載記事はこちら
この提言は、こちら(報告書)よりご覧ください。

 
・2020年07月20日 国立国会図書館の月刊誌『レファレンス』7月号に掲載されました。

「立法府とアカデミア」(国会議員と科学者の政策共創実現に向けた提言)プロジェクト活動の中で永野リーダーが原著者の一人である論文「議会への科学助言に関して共同して導き出された国際研究アジェンダ」を翻訳したところ、国立国会図書館の月刊誌『レファレンス』7月号に掲載されました。(掲載記事はこちら

 
・2020年07月08日 科学技術振興機構「客観日本」に記事が掲載されました。

『客観日本』はこちらよりご覧ください。 (日本語訳PDFはこちら) 

 
・2020年07月01日 朝日新聞『論座』に掲載されました。

6月25日衆議院第一議員会館にて開催しました「立法府とアカデミアの知的情報共有に関する調査・試行研究プロジェクト」国会議員の方々とのワークショップ「政治家と研究者を混ぜると何が起こるか?」の記事が7月1日の朝日新聞『論座』に掲載されました。
『朝日新聞社言論サイト』はこちらよりご覧ください。 

 

「立法府とアカデミアの知的情報共有に関する調査・試行研究プロジェクト」
国会議員の方々とのワークショップ「政治家と研究者を混ぜると、何が起こるか?」

日本工学アカデミーでは昨年度、新技術振興渡辺記念会からの調査研究助成を受け、「立法府とアカデミアの知的情報共有に関する調査・試行研究プロジェクト」を進めております。プロジェクトは、諸外国では立法府と組織としての科学者(アカデミー)との間にさまざまなチャネルがあり、日頃から科学技術についての情報が伝わる工夫がされているにもかかわらず、我が国には全くそのようなシステムがないことを踏まえ、少なくともアカデミー側でこのような日本の状況を打破するためには何から始めていくべきかを考えること目的としております。

本プロジェクトの最終報告書は6月末を目途に作成中でありますが、プロジェクトの名称に試行と入れておりますように、このプロジェクトでは報告書により提言を出すだけではなく、その実現の第一歩として国会議員の方々と提言の意義、実現性について討論するワークショップを開くことを目的としております。

この度、下記の要領でこのワークショップを開催することといたしましたので、会員の皆様におかれましては是非ともご出席いただければと存じます。なお、セキュリティの観点から、事前にお申込みいただき議員会館への登録をしておきませんと入場することができません。またコロナ対応との関係で、参加者数が制限される場合には先着順の受付とさせていただきますので、これらの点、ご留意いただければ幸いです。

【開催案内】国会議員の方々とのワークショップの開催について(お知らせ)(PDF 100K
******************************

日時 2020年6月25日(木)午前11時~12時
場所 衆議院第一議員会館 大会議室(地下1F)(周辺図はこちら)
参加者 伊佐進一衆議院議員他、日本工学アカデミー会員 その他
テーマ 「政治家と研究者を混ぜると、何が起こるか?」
申し込み お申込みはこちら(オンライン登録) 【受付終了】
問合せ先 日本工学アカデミー事務局
TEL: 03-6811-0586
E-mail: academy@eaj.or.jp

******************************