インクルーシブなSTEM研究環境の構築

STEM領域の教育研究環境での障害のある学生や研究者の包摂を社会実装するために必要な事項について提言する。障害のある研究者、産業界、学界などからプロジェクトメンバーを得て、東京大学先端科学技術研究センター「インクルーシブ・デザイン・ラボプロジェクト」での取り組みを試行事例として分析し、そこから見えてきた課題を整理する。提言が、インクルーシブなSTEM研究環境の実現、充実について、国民的な理解の増進を広げ、我が国の中長期アクションプランに繋がることを展望する。


リーダー:牧原 出