ポストコロナ検討委員会(新型コロナウィルス後の科学技術イノベーションのあり方プロジェクト)

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)との戦いは、一部の国・地域において感染拡大の勢いが止まらず、我が国はもとより、世界の経済社会システムに大きな打撃を与えている。「人類の安寧とより良き生存のために、未来社会を工学する」ことを使命とするEAJとしては、この危機的な状況から脱却し、新型コロナウィルスと共存する持続可能な社会(ポストコロナ社会)への移行に向けて、その影響を見極めた上で、科学技術イノベーションの果たすべき役割と今後の経済社会のあり方を明らかにするため、集中的な検討を行い、その結果を政策提言としてとりまとめて発信する。


リーダー:原山 優子、永井 良三