(2)企画・運営委員会

さらに理事会で議論を重ね、「技術館(仮称)構想」を検討する中で、「科学技術館の今後の在り方に関する検討会」を三館(国立科学博物館、日本科学未来館、科学技術館)の館長も交えた有識者会議として設置し、基本構想を固め関係者からも高く評価された。
これまでどおり「工学アカデミーの基本ミッション」として次の 3 点を掲げて、本アカデミーの社会的機能を、①地域活性化、②国際交流、③人材育成、④情報発信を四本柱として継続して推進した。
1.Engineering Design & Maintenance
2.Engineering Ethics & Education
3.Social System Innovation & Engineering Sustainability

また2015年度は下記の談話サロンと公開シンポジウムを開催した。各委員会・プロジェクトの企画を得て多様な開催となった。
1.総会特別講演
日 時:2015. 6 . 2(火)
場 所:ホテルJALシティ田町
テーマ:「流域管理の革新的概念の創出と水災害軽減への貢献」
対 象:会員・賛助会員・招待者(60名)

2.ローマクラブ共同会長 名古屋大学名誉博士称号授与記念イベント
(トークセッション:中部地区講演会)
日 時:2016. 2 . 6(土)
場 所:名古屋大学ESホール
テーマ:「ローマクラブ会員とノーベル賞受賞者との対話」
対 象:会員・賛助会員・学生・一般(180名)

3.第180回談話サロン
日 時:2016. 3 . 22(火)
場 所:東京大学山上会館
テーマ:「我が国原子力の将来と原子力規制の在り方を問う」
対 象:会員・賛助会員・一般(70名)

  • 企画・運営委員長:小宮山宏
  • 委員長代理:池田駿介
  • 委員:有信睦弘、石原直、亀井信一、玖野峰也、田中秀雄、長井寿、永野博、林秀樹、松見芳男、松本洋一郎、渡辺美代子