(1-5)コミュニケーション科学プロジェクト

『情報の壁は取り払えるのか』入手できる情報量は飛躍的に増大している。それに伴って相互理解も増進しているのか?情報の独占が起こったり、意思疎通の壁が顕在化したりしていく弊害が固定化するのか?

プログラム・オフィサー(PO):松見 芳男
リーダー:金谷 一朗