法人概要

EAJの沿革

●設立と法人化

1983.11 工学・技術振興懇談会発足・工学アカデミー設立に関する審議
1985.11 工学・技術振興懇談会が発展し、日本工学アカデミー設立企画委員会発足
1987.04 日本工学アカデミー設立(任意団体)・設立総会開催
1987.08 EAJ NEWS 第1号発行
1988.12 EAJ Information 第1号発行:「関西地域の活性化について」宇野収、年報第1号発行
1990.11 国際工学アカデミー連合(CAETS:International Council of Academies of Engineering and Technological Sciences)加盟
1997.11 第1回日中韓三国工学アカデミー円卓会議開催(大阪)
1998.01 社団法人 日本工学アカデミー発足
2000.07 日本工学アカデミーの使命制定
2000.11 第1回日米先端工学(JAFOE)シンポジウム開催(奈良)
2010.02 第1回日豪若手研究者交流促進事業(ERLEP)実施
2011.09 九州支部設立(地区から支部に移行)
2012.12 北海道・東北支部設立(地区から支部に移行)
2013.07 公益社団法人に移行
2016.11 中部支部設立(地区から支部に移行)
2018.05 関西支部設立

●会員数(2020年9月14日現在)

正会員 809名、  賛助会員 51社・団体、  客員会員 31名

 

EAJの組織

1) 社員総会、理事会、役員

公益社団法人日本工学アカデミーは、法律に定められた公益社団法人の運営原則に従い、正会員で構成される社員総会が最高の意志決定機関です。社員総会で選出された理事が理事会を構成し、日常業務に必要な諸決定を行うと共に、その執行のために会長、副会長、専務理事を互選します。また、総会で選出された監事が会員を代表して、理事会および執行部の業務を監査します。
会の実質的な管理と事業は、各委員会、プロジェクトを通じて行われますが、その活動をサポートするために事務局が置かれています。

2) 委員会・プロジェクト・支部

公益社団法人日本工学アカデミーは、法律に定められた公益社団法人の運営原則に従い、正会員で構成される社員総会が最高の意志決定機関です。社員総会で選出された理事が理事会を構成し、日常業務に必要な諸決定を行うと共に、その執行のために会長、副会長、専務理事を互選します。また、総会で選出された監事が会員を代表して、理事会および執行部の業務を監査します。
会の実質的な管理と事業は、各委員会、プロジェクトを通じて行われますが、その活動をサポートするために事務局が置かれています。

法人運営に係わる活動

1. 企画推進活動
1) 社員総会(議長:会長 小林喜光)
2) 理事会(議長:会長 小林喜光)
3) 企画運営会議(委員長:小林喜光、委員長代理:城石芳博)
4) 企画推進グループ(リーダー:城石芳博)
5) 会長アドバイザリー委員会(委員長:小林喜光)

2. 組織基盤増強活動
1) 会員選考委員会(委員長:嘉門雅史)

2) 会員強化委員会(委員長:石原直)
3) 財務・事務機能強化委員会(委員長:睦哲也)

3. 事務局