法人概要

EAJの沿革

●設立と法人化

1983.11 工学・技術振興懇談会発足・工学アカデミー設立に関する審議
1985.11 工学・技術振興懇談会が発展し、日本工学アカデミー設立企画委員会発足
1987.04 日本工学アカデミー設立(任意団体)・設立総会開催
1987.08 EAJ NEWS 第1号発行
1988.12 EAJ Information 第1号発行:「関西地域の活性化について」宇野収、年報第1号発行
1990.11 国際工学アカデミー連合(CAETS:International Council of Academies of Engineering and Technological Sciences)加盟
1997.11 第1回日中韓三国工学アカデミー円卓会議開催(大阪)
1998.01 社団法人 日本工学アカデミー発足
2000.07 日本工学アカデミーの使命制定
2000.11 第1回日米先端工学(JAFOE)シンポジウム開催(奈良)
2010.02 第1回日豪若手研究者交流促進事業(ERLEP)実施
2011.09 九州支部設立(地区から支部に移行)
2012.12 北海道・東北支部設立(地区から支部に移行)
2013.07 公益社団法人に移行
2016.11 中部支部設立(地区から支部に移行)
2018.05 関西支部設立

●会員数(2018年11月21日現在)

正会員 766名、  賛助会員 48社・団体、  客員会員 20名

 

EAJの組織

1) 総会、理事会、役員

公益社団法人日本工学アカデミーの組織は、法律に定められた公益社団法人の運営原則に従い、正会員で構成される総会が最高の意志決定機関です。総会で選出された理事が理事会を構成し、日常業務に必要な諸決定を行うと共に、その執行のために会長、副会長、専務理事を互選します。また、総会で選出された監事が、理事会および執行部の業務を会員を代表して監査します。
会の実質的な管理と事業は、各委員会、プロジェクトを通じて行われますが、その活動をサポートするために事務局が置かれています。

2) 委員会・プロジェクト・支部(2018)

公益社団法人日本工学アカデミーでは事業を大きく、「会員増強」、「事業企画推進」、「国際連携」、「情報発信・普及啓発」、「工学プレゼンス向上」の5つにわけ、それぞれに総括責任者(業務執行理事を充てる)を置くとともに事業実施のための委員会を設置し、諸事業の戦略的な推進と円滑な運営を図っています。
プロジェクト活動では、我が国の工学及び科学技術全般の発展に寄与することを目的に、多様な分野で顕著な実績と広範な識見を持った産学官の指導的立場にある会員により結成された団体として、先見性、創造性を持ち、特定利益にとらわれない高い見識でもって、行政、産業界などに向けて忌憚のない提案・提言を発信します。
支部・地区活動での特徴ある活動を中心に、広く事業展開を目指しています。

事業企画推進

1. 企画運営会議
1) 企画推進グループ
2) 次世代支援推進グループ
2. 政策提言委員会
1) SDGsにおける科学技術イノベーションの役割 (リーダー:武田晴夫会員)

2) 立法府と工学アカデミー (リーダー:永野博専務理事)
3) 政策立案のための科学 (リーダー:小林信一会員)
4) 海洋プロジェクトの戦略的推進 (リーダー:藤井輝夫会員)
5) バイオマスアジア (リーダー:西嶋昭生会員)
6) 量子コンピューティング (リーダー:曽根純一会員)
7) 次世代情報産業マテリアル・デバイス技術 (リーダー:関谷毅会員)
3. 人材育成委員会
4. ジェンダー委員会

5. 財務・事務機能強化委員会
6. 支部長会議

情報発信・普及啓発