Best Speakers Awardについて(2018)

(公社)日本工学アカデミー(EAJ)は、全米工学アカデミー(NAE)、科学技術振興機構(JST)と協同でJAFOEシンポジウムに2000年より参画してきました。EAJにとって、若手技術者の育成は、重要な使命の一つであり、今後もさらにこのプログラムを強化していきたいと考えています。
そこで、将来の科学技術分野を担う若手技術者が、異分野交流を活かしてイノベーティブな研究活動を行うことを奨励する目的で、2011年よりJAFOEシンポジウムの日本人スピーカーを表彰する制度 “Best Speakers Award” を設けることにしました。選考基準は、「技術的に興味深い講演を効果的に行うこと」、「自身の研究内容の総括にとどまらず、他分野の研究者にも刺激を与える講演であること」とします。投票資格は日米の若手研究者のみに与えられ、得票数が過半数に達した上位二名までを表彰します。

 

2018年受賞者

Sample-Efficient Reinforcement Learning for Real-World Robot Control

松原崇充氏(奈良先端科学技術大学院大学 准教授)

Superplastic Earth Hypothesis

平賀岳彦氏(東京大学地震研究所 准教授)