バックナンバー

コピー版でよろしければ送付申し上げます。送料(実費相当の郵便切手)を、到着次第お送りください。

No.155 プロジェクト部会報告書
「北海道・東北地区での地域振興と人材育成」プロジェクト
(2010年度―2012年度)
2013年6月, 10pp.
No.154 提言書
「デジタルデータを超長期間、安定かつ安価に保管することを可能とする技術開発の必要性」
記憶の保管性プロジェクト
2013年3月, 14pp.
No.153 「根本的エンジニアリング」
講師:鈴木 浩、勝又 一郎、伊藤 裕子
2012年7月, 47pp.
No.152 「EmotionとEngineering」
講師:福田 収一
2013年3月, 39pp.
No.151 「医工連携:患者に優しい究極の診断・治療統合システムの開発」
講師:松本 洋一郎
2012年3月, 23pp.
No.150 作業部会報告「福島第一原子力発電所事故後の電気エネルギーの円滑な供給に向けて」
原発事故・エネルギー問題検討会
2011年12月, 40pp.
No.149 作業部会報告「技術者の誓い」の提案
技術倫理作業部会
2011年12月, 58pp.
No.148 「日本の科学・技術と研究開発独立行政法人-工学とイノベーション」
講師:岸 輝雄
2011年3月, 28pp.
No.147 「北アフリカを対象としたフィールド総合科学」
講師:中嶋 光敏
2011年2月, 15pp.
No.146 「記憶の保管性」
講師:小林 敏夫
2010年12月, 32pp.
No.145 「ハイブリッド自動車プリウスの開発とサステーナブル自動車のゆくえ」
講師:八重樫 武久
2010年10月, 14pp.
No.144 「人間情報学の提唱」
講師:板生 清
2010年10月, 18pp.
No.143 「地球環境時代の環境デザイン」
講師:石川 幹子
2010年10月, 27pp.
No.142 「根本的エンジニアリングの提唱」
政策委員会 Converging Technolohy タスクフォース(TF-4) 成果報告会
講師:鈴木 浩、大来 雄二、松見 芳男、佐藤 千惠
2010年3月, 32pp.
No.141 「スウェーデン・フィンランド・ベルギーのイノベーション政策」
第157回~159回談話サロン
2010年3月, 42pp.
No.140 「グローバル時代の科学技術・イノベーション政策」
講師:相澤 益男
2010年2月, 18pp.
No.139 「『課題先進国』日本」
講師:小宮山 宏
2009年2月, 25pp.
No.138 「我が国の水産業の現状と問題」
講師:松里 壽彦
2009年2月, 38pp.
No.137 「国創りに結実する科学技術創造を目指して ~イノベーション創出能力強化に向けた課題と日本工学アカデミーの役割~」
講師:柘植 綾夫
2009年2月, 28pp.
No.136 作業部会報告
「21世紀型ものづくりと社会へのメッセージ-技能の明日を考える-」
21世紀型ものづくりと社会・若年者啓発作業部会
2008年3月, 47pp.
No.135 作業部会報告「ものづくりを支える工学教育の未来のために」
ものづくりと工学教育作業部会
2008年3月, 30pp.
No.134 「福祉用具を巡る2つの潮流 国連障害者権利条約と福祉用具給付体制」
講師:山内 繁
2008年3月, 24pp.
No.133 『製品の安全確保を考える -ガス給湯器の事故から学ぶ事故防止の体制と安全技術-』
「製品事故予防のために」
講師:中村 雅人
「ガス機器の安全装置について」
講師:諸星 征夫
2007年3月, 33pp.
No.132 『最後の石油争奪戦』
「震撼すべき石油ピークの真実」
講師:石井 吉徳
「日本国内の資源・エネルギーを取り巻く状況」
講師:芦田 譲
2007年1月, 37pp.
No.131 「地球シミュレータと未来社会革命」
講師:佐藤 哲也
2006年11月, 28pp.
No.130 「最近の防災研究-防災科学技術研究所の活動から-」
講師:片山 恒雄
2006年9月, 20pp.
No.129 「ナショナル・イノベーション・エコシステム」
講師:生駒 俊明
2006年6月, 32pp.
No.128 「これからの日本の技術のあり方-企業と個人-国鉄改革と宇宙開発を経験して」
講師:山之内 秀一郎
2006年3月, 35pp.
No.127 「我が国の科学技術の状況と今後の発展の方向性 -第3期科学技術基本計画に向けて-」
講師:桑原 輝隆
2006年2月, 53pp.
No.126 「東アジア工学アカデミー円卓会議の技術倫理宣言の意義と今後の展望」
講師:上野 晴樹
「技術者会の役割と倫理綱領」
講師:西野 文雄
2005年9月, 30pp.
No.125 「ユビキタス・コンピューティング社会に向けて」
講師:坂村 健
2005年9月, 12pp.
No.124 「第3期科学技術基本計画策定への提言」
日本工学アカデミー政策委員会報告および会員との意見交換
2005年7月, 28pp.
No.123 「2004.12.26 スマトラ-アンダマン諸島地震の特徴と地球科学者の役割」
講師:大矢 暁
2005年5月, 32pp.
No.122 日本工学アカデミー技術リテラシー・タスク・フォース報告書
「技術リテラシーと市民教育 -学校では技術について何が教えられるべきか-」
2005年5月, 34pp.
No.121 「安全専門部会の歩み」
講師:柴田 碧
「Safety Burst(安全の破綻)WG報告」
講師:高田 毅士
2005年3月, 24pp.
No.120 「将来のエネルギー需給と技術開発」-ノルウェー国際セミナー講演-
講師:秋山 守
2004年11月, 25pp.
No.119 「新産業フロンティア-パラダイム転換への対応」
講師:渡辺 千仭
2003年12月, 24pp.
No.118 「知的製造業を考える」
日本工学アカデミー公開シンポジウム
2003年11月, 54pp.
No.117 「原子力発電と核燃料サイクルの安全性」
講師:薦田 康久
2003年10月, 25pp.
No.116 「国家戦略としての産業人材育成」-技術の創造、蓄積、伝承と啓蒙-
日本工学アカデミー公開講演会
2003年8月, 52pp.
No.115 「法学と工学の関係-その共通性(同質性)と異質性-」
講師:塩野 宏
2003年7月, 14pp.
No.114 「安全工学の技術と思想の体系化について」
日本工学アカデミー情報専門部会安全工学関連WG 講師:向殿 政男
「工学としてのヒューマンファクターズは安全にどこまで寄与できるのか」
日本工学アカデミー安全専門部会 社会の逐年的変化WG 講師:小松原 明哲
2003年2月, 39pp.
No.113 「大学問題を俯瞰する」
講師:中島 尚正
2002年12月, 20pp.
No.112 「我が国製造業における競争力強化の一視点」
講師:藤本 隆宏
2002年10月, 29pp.
No.111 「グローバル企業から見た日本の産業の課題」
講師:椎名 武雄
「製造業を復活させる知能ロボット」
講師:榊原 伸介
2002年8月, 42pp.
No.110 「日本の金融は大丈夫か?」
講師:若月 三喜雄
2002年7月, 14pp.
No.109 「集合住宅における『ライフサイクル価値』の実現」
日本工学アカデミー地球環境専門部会 LCV-WG
2002年7月, 32pp.
No.108 「日本を変えるこれからの産学連携とは-大学発新産業は創出できるか-」
日本工学アカデミー情報専門部会 産学連携WG
2002年5月, 34pp.
No.107 「ITアーキテクト育成方策について」
日本工学アカデミー情報専門部会 ITアーキテクト育成方策WG
2002年5月, 13pp.
No.106 「東北地域の活性化戦略」
講師:野口 正一
2002年4月, 22pp.
No.105 「技術者倫理の諸問題-日本原子力学会倫理規程制定の過程から-」
講師:西原 英晃
2002年3月, 20pp.
No.104 「Entertainment Robot AIBOの開発」
講師:景山 浩二
2002年1月, 21pp.
No.103 「バイオテクノロジーと海外植林-ナノテクバイオの新潮流-」
講師:柴田 勝
2002年1月, 29pp.
No.102 「建築物の構造設計について」
講師:加藤 勉
2001年12月, 11pp
No.101 「DNA研究の最近の進歩と新しいバイオインダストリー」
講師:大石 道夫
2001年8月, 13pp.
No.100 「どうなる日本の理科教育-戦後55年を振り返る-」
講師:竹内 敬人
2001年6月, 21pp.
No.99 「環境持続社会と循環」
講師:内藤 正明
2001年5月, 23pp.
No.98 「企業の研究開発力をどう評価するか-情報分野の場合-」
日本工学アカデミー情報専門部会 技術開発力評価法WG
2001年2月, 33pp.
No.97 「日本企業における技術倫理-フィールドからの視点-」
講師:Scott Clark、札野 順
2000年8月, 45pp.
No.96 「日米の科学技術政策」
講師:山本 卓眞
2000年8月, 19pp.
No.95 「情報資源・マルチメディア社会の将来に向けて」
日本工学アカデミー情報専門部会 情報資源・マルチメディア検討WG
2000年6月, 26pp.
No.94 「工学研究評価のあり方について-英国の事例を中心に-」
講師:柳田 博明
2000年3月, 29pp.
No.93 「JCOウラン加工施設の臨界事故について」
講師:住田 健二
2000年3月, 39pp.
No.92 「再生医学の最前線」
講師:筏 義人
2000年3月, 23pp.
No.91 「エネルギーの視点から21世紀の運輸のあり方を考える」
講師:笛木 和雄
2000年2月, 28pp.
No.90 「21世紀における我が国の情報通信産業発展のための戦略」
講師:野口 正一
2000年1月, 24pp.
No.89 「外科手術へのコンピュータ技術の応用」
講師:髙倉 公朋・土肥 健純
1999年12月, 27pp.
No.88 「燃料電池技術開発の現状」
講師:中山 稔夫
1999年10月, 26pp.
No.87 「大学における学術研究の役割」
講師:増本 健
1999年10月, 26pp.
No.86 「大型放射光施設 SPring-8 -その性能と最近の成果-」
講師:上坪 宏道
1999年9月, 27pp.
No.85 「21世紀文明の基礎科学-情報と通信、エネルギーと環境」
講師:熊谷 信昭
1999年8月, 12pp.
No.84 「長江(揚子江)と黄河流域の風土と環境」
講師:岩佐 義朗
1999年5月, 32pp.
No.83 「建築におけるエンジニアリングの諸問題-耐震工学を例にとって-」
講師:岡田 恒男
1999年3月, 20pp.
No.82 「日本産業界の環境保護活動」
EPI-WG 講師:原 禮之助
1999年3月, 33pp.
No.81 「ベンチャー・ビジネスと大学」
講師:大滝 義博、佐藤 孝明、佐藤 純一
1999年2月, 45pp.
No.80 「いわゆる環境ホルモン問題について」
講師:鈴木 継美
1998年11月, 21pp.
No.79 「国際化時代の技術経営」
講師:佐波 正一
1998年7月, 10pp.
No.78 「アメリカの技術史教育とスミソニアン-計測技術博物館コレクションの構築-」
講師:松本 栄寿
1998年6月, 28pp.
No.77 「米国工学教育の新しい流れ」(和英)
講師:James R. Eifert
1998年4月, 31pp.
No.76 「アナログからファジィ・ニューロ・カオスへ」
講師:山川 烈
「独創性向けの工学教育」
講師:Park Chul
1998年3月, 36pp.
No.75 「On the Roles of Non-Governmental Engineering Academies」(和英)
講師:Kurt Östlund
日・中・韓三国工学アカデミー円卓会議基調講演
1998年3月, 35pp.
No.74 「工業製品の「Life Cycle Value」」
日本工学アカデミー地球環境専門部会 LCA-WG 講師:山路 敬三
1998年1月, 27pp.
No.73 「研究開発段階にある原子炉の安全性について」-もんじゅ事故の教訓-
講師:西原 英晃
1998年1月, 22pp.
No.72 「感性工学の枠組み-感性工学の領域と対象-」
講師:原田 昭
「感性工学の役割」
講師:清水 義雄
1998年1月, 31pp.
No.71 「21世紀の地球の水危機」
講師:高橋 裕
1997年9月, 17pp.
No.70 「研究情報ネットワークを利用した学術研究の促進のために」
日本工学アカデミー情報専門部会 学術情報ネットワークWG
講師:持田 侑宏
1997年8月, 29pp.
No.69 「グローバル化時代の科学技術立国」-電子・通信産業の立場から-
日本工学アカデミー情報専門部会 研究開発空洞化対策WG
1997年7月, 39pp.
No.68 「工学教育と工業」
講師:西澤 潤一
1997年7月, 15pp.
No.67 「人工臓器と臓器移植」-補助人工心臓の役割-
講師:松田 暉
1997年6月, 18pp.
No.66 「工学教育をどう変えるか」-転換期における工学教育-
日本工学アカデミー公開討論会(パネルディスカッション)
1997年5月, 49pp.
No.65 「どうなる日本の半導体・コンピュータの研究開発-グローバル化か、空洞化か-」
日本工学アカデミー情報専門部会 講師:伊賀 健一
1997年4月, 22pp.
No.64 「日本のソフトウェア問題について」-現状分析と将来対策-(最終報告)
日本工学アカデミー情報専門部会 情報工学振興策WG
1997年3月, 62pp.
No.63 「原子力次の50年のビジョン-ビジョンと戦略」
講師:堀 雅夫
1997年2月, 20pp.
No.62 「生体に適用される医療用材料の課題と展望」
講師:國友 哲之輔
1997年2月, 20pp.
No.61 「米国における工学倫理教育」(和英)
講師:Heinz C. Luegenbiehl、札野 順
1996年11月, 28pp.
No.60 「地球温暖化と極端な天気現象の動向」
講師:山元 龍三郎
1996年9月, 21pp.
No.59 「日本経済の長期ビジョンと産業界の課題」
講師:豊田 章一郎
1996年7月, 12pp.
No.58 「産業構造の変化と日本のエンジニアリング・カルチャー」
講師:生駒 俊明
1996年4月, 23pp.
No.57 「地球環境とエネルギー」
講師:石井 吉徳
1995年12月, 23pp.
No.56 「地球最初の生命と酵素の働き」
講師:左右田 健次
「21世紀をめざすDNA産業は日本に定着できるか」
講師:西澤 吉彦
1995年9月, 27pp.
No.55 「東海大学の授業評価と魅力ある授業」
講師:安岡 高志
1995年9月, 23pp.
No.54 「世界と日本の地震災害」
講師:土岐 憲三
1995年9月, 42pp.
No.53 「最近の脳の研究について」
講師:伊藤 正男
1995年8月, 17pp.
No.52 「地球温暖化の科学-研究の現状」
講師:松野 太郎
1995年8月, 28pp.
No.51 「近づく21世紀と日本の科学者・技術者」
講師:石坂 誠一
1995年7月, 12pp.
No.50 「経営環境の変化と求められる人材」
講師:小柳 勝二郎
1995年6月, 23pp.
No.49  「米国政府報告書類に見る冷戦後の安全保障と技術産業基盤」
講師:玉真 哲雄
1995年5月, 24pp.
No.48 「助走を終えた日本の微小重力宇宙実験」
講師:澤岡 昭
1995年4月, 18pp.
No.47 「我が国における情報工学分野の学術水準とその振興策」
日本工学アカデミー情報専門部会公開シンポジウム
1995年1月, 40pp.
No.46 「ポリマーのリサイクル問題から見た21世紀の資源・環境問題」
講師:佐伯 康治
1994年12月, 21pp.
No.45 「日本の科学技術(工学・工業分野での)国際協力活動へのユネスコからの期待」
講師:青島 泰之
1994年11月, 21pp.
No.44 「マルチメディアの動向」
講師:桑原 彰
1994年10月, 22pp.
No.43 「理工学系人材の確保-科学技術会議の検討状況」
講師:天野 徹
1994年9月, 22pp.
No.42 「大学の改革」
講師:吉川 弘之
1994年7月, 13pp.
No.41 「ゲノム解析システム」
講師:遠藤 勲
「DNAから創薬への発想」
講師:野口 照久
1994年6月, 16pp.
No.40 「環境負荷の低減とPLCA」
講師:後藤 典弘
1994年3月, 25pp.
No.39 「地殻熱エネルギー抽出への挑戦」
講師:阿部 博之
1994年3月, 18pp.
No.38 「産業のダイナミズムと日本の産業技術の将来」
講師:伊丹 敬之
1994年2月, 23pp.
No.37 「国連大学における産業・技術に関連した研究活動」
講師:内田 孟男
1994年1月, 17pp.
No.36 「豊かな社会と技術」
講師:永野 健
1993年9月, 10pp.
No.35 「技術競争力の歴史的分析-エレクトロニクスを例として-」対訳
講師:William Aspray
1993年8月, 17pp.
No.34 「極地開発の現状と展望」
講師:鳥居 鉄也
「隕石の宝庫・南極大陸」
講師:矢内 桂三
1993年4月, 23pp.
No.33 「全米アカデミーの歴史と活動-国立研究評議会日本課」
講師:Martha Caldwell Harris, E. William Colglazier
1993年3月, 15pp.
No.32 「産業競争力と研究および教育について-技術分野におけるアメリカと日本との相互作用に関する一考察-」
講師:Julian Szekely
1993年3月, 17pp.
No.31 「エコファクトリー」
講師:井上 英夫
1993年1月, 17pp.
No.30 「生物化学工学-過去、現在、そして未来」
講師:Arthur E. Humphrey
「生物化学工学における研究計画と新展開」
講師:Peter L. Rogers
1992年12月, 9pp.
No.29 「地球環境問題と人類の将来」
講師:大来 佐武郎
1992年11月, 10pp.
No.28 「今後10年の科学技術政策-18号答申を中心として」
講師:大沢 弘之
1992年10月, 25pp.
No.27 「設置基準の改正と当面する教育改革の課題」
講師:示村 悦二郎
1992年8月, 18pp.
No.26  「産学協力のあり方」
日本工学アカデミー公開シンポジウム
1992年7月, 32pp.
No.25 「日本の物流(輸送)問題の現状と将来」
講師:森田 稔
1992年6月, 19pp.
No.24 「伝統をつなぐ」
講師:中村 宗哲
1992年6月, 8pp.
No.23 「科学指標から見た日本の科学技術」
講師:丹羽 冨士雄
1992年5月, 24pp.
No.22 「日米会議抜粋」
概要報告:植之原 道行
開会挨拶:Harold Brown、岡村 総吾
論評:大来 佐武郎
1992年1月, 15pp.
No.21 1.「NAE国際ワークショップ『オゾン層を破壊するフロンの削減と代替フロンの技術移管』」
内野 哲也
2.「CAETS会議『経済成長のための工学と技術の活性化:工学会における東西の対話を聞く』」
森口 親司
3.「An Educational Approach Toward Integrated Engineering」
末松 安晴
1992年3月, 34pp.
No.20 「21世紀の工学」
講師:近藤 次郎
1991年9月, 13pp.
No.19 「慶應大学湘南藤沢キャンパスの開設-そのねらいと特徴」
講師:相磯 秀夫
1991年5月, 15pp.
No.18 「関西国際空港の建設について-現況と諸問題-」
講師:竹内 良夫
1991年2月, 11pp.
No.17 「1990年代の日本の産業科学技術ビジョン」
講師:本田 幸雄
1991年1月, 20pp.
No.16 「知的所有権について-UR・TRIP交渉の現状」
講師:堀江 正彦
1990年12月, 23pp.
No.15 「今後の教育と研究のあり方-産学協力の面から-」
早稲田大学理工学研究所創立50周年記念シンポジウム
1990年9月, 23pp.
No.14 「日本での技術開発」
講師:井深 大
1990年8月, 11pp.
No.13 「関西文化学術研究都市づくりの生い立ちと将来像」
講師:河野 卓男
1990年7月, 14pp.
No.12 「Current Situation in Poland and Scenarios of Future Developments」(Extended Summary)
Reference Lecture "Towards Poland 2000 and Beyond"
講師:Andrzej P. Wierzbicki
1990年7月, 15pp.
No.11 「Prospect and Role of Science and Technology - A Japanese Perspective」
講師:猪瀬 博
1990年5月, 11pp.
No.10 「Higher Education in Technology into the Twenty-first Century」
講師:大来 佐武郎
1990年3月, 7pp.
No.9 「Dual Use Technologies - Innovation and Diffusion of Technology in and between Civil & Military Sectors」
講師:Lewis M. Branscomb
1990年1月, 9pp.
No.8  「人材育成提言について」
講師:西村 功
参考資料:経団連の提言の要約、アンケート調査結果
1989年12月, 35pp.
No.7 「レーザー加工について」
講師:伊藤 利朗
「新素材について」
講師:中原 恒雄
1989年11月, 27pp.
No.6 「植物バイオへの挑戦-企業の立場から-」
講師:藤田 泰宏
1989年11月, 11pp.
No.5 「我が国の科学技術」
講師:飯田 庸太郎
1989年11月, 13pp.
No.4  「禅窓」
講師:平田 精耕
1989年1月, 8pp.
No.3 「科学技術行政の現状について」
講師:内田 勇夫、飯塚 幸三、植木 浩
1989年1月, 32pp.
No.2 「Evaluation of Engineering Education and its Influence on Industrial Development」
講師:Gunnar Brodin
「科学技術振興に関する私見」
講師:猪瀬 博
1988年12月, 18pp.
No.1  「関西地域の活性化について-関西文化学術研究都市と関西新空港-」
講師:宇野 収
 1988年12月, 11pp.