事業計画(2016年度)

Ⅰ.EAJの基本ミッション
従来は自明の理として明言されてこなかった「工学アカデミーの基本ミッション」について議論を進め下記の三点に絞り込んだ。

1.Engineering Design & Maintenance
2.Engineering Ethics & Education
3.Social System Innovation & Engineering Sustainability

さらに本アカデミーの目的を「これからの社会を『工学する』」とし、「Engineer the Future」を掲げる。

Ⅱ.活動計画概要
4 項目の社会的機能を達成すべく、下表に記載する諸活動を推進する。

1.地域活性化
・九州支部および北海道・東北支部での支部活動強化と支部間交流会の実施
・関西地区および中部地区での本部ないし支部設立の準備
・北陸・信越地区と中国・四国地区での地区活動の強化
・「プラチナ構想ネットワーク」との連携

2.国際交流
・世界(CAETS)と東アジア(EA-RTM)での連携強化
・二国間(日米JAFOE、日豪ERLEP、日韓、日泰他)若手交流の促進
・日米・日英・日仏・日独・日瑞(日瑞基金を含め)・日泰等の二国間シンポジウムの開催
・STS forum 工学アカデミー会長会議でYoung Engineering Leader Symposium(YELS)を開催

3.人づくり
・政策提言の発信
・科学技術リーダー人材の育成と産業技術館(仮称)構想の推進
・EAJ若手部会からYoung Academy of Engineeringの創設へ
・産業界と連携して、「師弟相互の学びの場」としての工学アカデミーを志向

4.情報発信
・提言、EAJ NEWS、EAJ Informationなどの発信
・談話サロン(公開シンポジウム)の継続的な開催
・国際シンポジウム(特に若手部会から)の開催
・公益社団法人の特長を生かして、寄付活動を促進

以上の諸活動を推進する体制を以下のように強化する。

1.常置委員会と特別委員会
 常置委員会として、会員選考委員会と企画・運営委員会を置き、国内外の会務を統括する。
 特別委員会として、会長アドバイザリー委員会、安全知と安全学委員会、産業技術館設置準備委員会、編集会議、CAETS実行委員会、EA-RTM実行委員会、JAFOE実行委員会、ERLEP実行委員会、STS forum YELS実行委員会、欧州交流委員会を置き、これにより会員選考と企画・運営の両委員会と設置期間を限定した特別委員会を理事会の下に設置し、トップダウンの形で重要な課題に取り組む。

2.プロジェクト活動
 会員からのボトムアップの形で重要な課題に取り組む。「若手部会」「自然エネルギーのガバナンス」に加えて、新規に「新コアプロジェクト」を設置すると共に、さらに新規プロジェクトを募集する。

3.産業界との連携
 会長アドバイザリーからのご意見を踏まえ、以下の方針を産業界と協議の上で推進する。
「メンテナンスとイノベーションに依る21世紀の産業と社会の再生」
 1)産学の緊張した連携と社会技術イノベーション
 2)人材
 3)「工学」の認知度向上
 4)成功事例分析
 これらを推進するために、産業技術館設置準備委員会で具体策を検討する。財政健全化の取り組みも併せて実施する。

収支予算

【基本方針】
2016年度は、原則として2015年度の実績をベースに予算枠を設定した。予算の執行段階での様々な状況の変化に対しては、予備費の活用と必要に応じて理事会決定で対応する。

【事業活動収入】
2016年度は、負担金収入4,000千円(JAFOE開催)の他、会費収入の増加を見込んだ。

【事業活動支出】
2016年度は国際活動費として12,000千円を見込んだが、JAFOE開催費8,220千円およびEA-RTMの福岡開催費他を含む。なお開催頻度が毎年(CAETS)、隔年(JAFOE)、三年毎(EA-RTM)になるため、特に2016年度は国際活動費が多くなるが、均すと毎年5,000千円程度の国際活動費(EAJ負担分として)が必要である。

【収支差額】
これらにより事業活動支出は4,152千円の赤字となり、前年度実績対比496千円の改善となる。また投資活動支出(退職給付引当預金取得支出のみ)として735千円、予備費支出として1,000千円を計上する。従って当期収支差額は、前年度実績対比504千円の悪化と横ばいで5,887千円の赤字となる。

【繰越収支差額】
その結果、次期繰越収支差額は17,202千円になり、当面の活動に必要な繰越金は確保できるが、3年弱以内に抜本的な改善が必要である。