イベント情報

9月
13
企画運営会議 @ 学士会館 309号室
9月 13 @ 3:00 PM – 5:00 PM
9月
21
平成30年度第2回EAJ北海道・東北支部 – 理事会・講演会・懇親会 @ 北海道大学工学部
9月 21 @ 2:00 PM – 8:30 PM
10月
22
第6回EAJ中部レクチャー「情報技術によって導かれる未来の予測」 @ 名古屋大学ES会議室 (ES総合館1階)
10月 22 @ 3:00 PM – 4:40 PM

講師:
中沢 実 氏 (金沢工業大学教授)

演題:
「情報技術によって導かれる未来の予測」

 

※ 参加費は無料、事前のお申し込み(こちら)が必要です。

※ 懇親会(希望者のみ)17:00~18:30
会費:4,000円(EAJ会員には2,000円の補助があります)
会場:シェジロー(ES会議室の隣)

詳細はこちら(PDF)をご覧ください。

 

主催:日本工学アカデミー(EAJ)中部支部
後援:名古屋大学大学院工学研究科

10月
25
第21回東アジア工学アカデミー円卓会議(EA-RTM)
10月 25 – 10月 26 全日

東アジア工学アカデミー円卓会議(EA-RTM)実行委員会 については、こちらをご覧ください。

11月
1
企画運営会議 @ EAJ事務局 会議室 (東京都千代田区神田猿楽町)
11月 1 @ 3:00 PM – 5:00 PM

※ 場所は、日本工学アカデミー事務局内の会議室です。

場所が変更になっております。(学士会館 ではございません)

11月
2
日本工学アカデミー講演会 「次世代マテリアルシステム」 @ イイノホール (東京霞が関)
11月 2 @ 10:00 AM – 4:10 PM

※ 近日中に受付終了予定 

【 講演プログラム 】
9:00-     受付開始

(オープニング)
10:00     開催挨拶  / 中村道治(日本工学アカデミー副会長(会長代理))
10:05     趣旨説明   /  関谷 毅(日本工学アカデミー会員/大阪大学)

(セッション1)
10:30     講演1 次世代IoT・AI社会のサービス・システムデザイン      川原圭博(東京大学)
10:50     講演2 プラズモニクスで極限光計測に挑む      玉田 薫(九州大学)
11:10     講演3 微小信号計測とAIで拓くスマートバイオセンサー      谷口正輝(大阪大学)
11:30     講演4 堅牢な分子識別エレクトロニクスが拓くIoT戦略      柳田 剛(九州大学)

11:50-13:30     -昼食-

(セッション2)
13:30     講演5 デバイス機能増強に向けたナノ表面改質技術       福島孝典(東京工業大学)
13:50     講演6 超微小信号計測に向けた原子レベル界面制御技術       一杉太郎(東京工業大学)
14:10     講演7 次世代IoTに向けた微小信号検出用アナログフロントエンド技術       石黒仁揮(慶應義塾大学)
14:30     講演8 IoT/AIのためのエナジーエフィシエント信号処理技術       川口 博(神戸大学)

14:50-15:10     -休憩-

(セッション3)
15:10     講演9 ダイヤモンド固体量子センサの可能性       波多野睦子(東京工業大学)
15:30     講演10 低エネルギーの集積化分子センサによる未来社会       内田 建(東京大学)
15:50     講演11 シート型センサシステムによる豊かな社会       関谷 毅(大阪大学)

16:10     閉会

 

詳細はこちら(PDF)をご覧ください


【 場所 】東京霞が関 イイノホール (地図
【 シンポジウム】要登録、参加費無料(参加ご希望の方は、こちらよりご登録ください。)  
【 締切 】近日中に受付終了予定  
【 申込先 】シンポジウム 公式WEBサイト(こちら)をご覧ください。(開催趣旨、講演内容、参加登録など)
 
 
主催:日本工学アカデミー(EAJ)
協賛:一般財団法人大阪大学産業科学研究協会/ プリンテッドエレクトロニクス(PE)研究会

11月
13
会員選考委員会 @ 専売ビル 8F
11月 13 @ 5:00 PM – 6:30 PM
11月
21
第24回〈通算第126回〉通常理事会 @ 学士会館 302号室
11月 21 @ 3:00 PM – 5:00 PM
11月
28
EAJ九州支部 工業高等専門学校出張講演会「工学が果たす多様な社会貢献」 @ 大分工業高等専門学校 レクチャーホール
11月 28 @ 1:00 PM – 2:40 PM

【プログラム】

開会挨拶 大分工業高等専門学校校長 日野 伸一(日本工学アカデミー九州支部副支部長)

  • 「土地利用と行財政から見た災害対策」
    塚原 健一氏(九州大学大学院工学研究院附属アジア防災研究センター教授)
  • 「機械工学の枠を越えて~ネツヤ(熱工学研究者)が行う細胞凍結の研究~」
    高松 洋氏(九州大学副学長・大学院工学研究院教授)

【 開催趣旨 】
私たちが営む日々の暮らしの中で必需品となっている電気、製造、運輸、通信情報、インフラ、医療、介護、食品等の、製品や技術、システムのあらゆる分野において工学(Engineering)が果たす役割はあまりにも大きい。さらに、今後の超少子高齢化社会でSociety5.0に対応した成長戦略上からも、工学の果たす貢献度はますます増大していくものと推測される。
(公社)日本工学アカデミー九州支部では、次代を担う優秀な若きエンジニアの育成を求めて、毎年、スーパーグローバルハイスクールに採択された九州沖縄地区の高校や高等専門学校の学生の皆さんを対象に出張講演会を実施している。昨年度の佐世保高専での情報技術に続き、今回は大分高専において「工学が果たす多様な社会貢献」をテーマに講演会を開催するものである。

※詳細は、こちらをご覧ください。

※大分工業高等専門学校生を対象とした講演会となりますので、一般の方のご参加はご遠慮ください。

主催:公益社団法人日本工学アカデミー九州支部
後援:独立行政法人国立高等専門学校機構

12月
6
企画運営会議 @ EAJ事務局 会議室 (東京都千代田区神田猿楽町)
12月 6 @ 3:00 PM – 5:00 PM

※ 場所は、日本工学アカデミー事務局内の会議室です。