イベント情報

3月
15
「海洋テロワール」シンポジウム
3月 15日 @ 2:00 PM – 5:00 PM

 
1.実施日時:令和3年3月15日(月)14:00~17:00
2.開催形式:オンラインで開催予定(ZOOM)
詳細はこちら 

3月
18
【オンライン開催】第4回EAJ賛助会員企業ラウンドテーブル @ Zoomによるオンライン開催
3月 18日 @ 3:00 PM – 5:00 PM

【 日時 】2021年03月18日(木) 15:00-17:00
【 場所 】ZOOMによるオンライン開催

プログラム

15:00 [ 開会挨拶 ]日本工学アカデミー 久間和生 副会長
15:05 [ 会長挨拶 ]日本工学アカデミー 小林喜光 会長
15:10 日本工学アカデミーの活動報告
15:20 参加者自己紹介
15:35 【講演】2050年カーボンニュートラルと経済成長の両立に向けて
(15:35)「グリーンイノベーション戦略概要および産業界への期待」
     RITE 山地憲治 副理事長(経産省グリーンイノベーション戦略推進会議座長)
(16:05)「農林業分野における取り組み」
     農研機構 白谷栄作 理事
(16:15) 質疑・意見交換
16:20 【特別企画】「Post/Withコロナの新社会構築に向けたEAJの挑戦」
 日本工学アカデミー 原山優子 副会長
16:40 意見交換
・賛助会員のグッドプラクティス、失敗事例紹介
16:55 [ 閉会挨拶 ]
17:00 [ 閉会 ]

※ 詳細はこちら(PDF)をご覧ください。
 
【 申込締切 】2021年3月8日(月)
【 申込方法 】お申込みはこちら(オンライン登録)、または申込書(Word文書)をFAX/Emailにてご提出ください。
 
 
<問い合わせ先>
公益社団法人 日本工学アカデミー事務局(井上、米野)
Mail:academy(at)eaj.or.jp
Tel:03-6811-0586
Fax:03-6811-0587
 
 
主催:公益社団法人 日本工学アカデミー(EAJ) 会員強化委員会

3月
26
【オンライン開催】第12回EAJ中部レクチャー「QOL-MaaS beyond MaaS」 @ Zoomによるオンライン開催
3月 26日 @ 3:00 PM – 4:30 PM

 

日時:2021年3月26日(金)15:00〜16:30
会場:Zoomによるオンライン開催

表題:
QOL-MaaS beyond MaaS
個人のQOL向上と地球社会負荷削減を両立させるポストCOVID-19社会の活動
〜モビリティ統合設計サービス

講師:
林 良嗣 氏  中部大学 持続発展・スマートシティ国際研究センター長、中国・清華大学招聘傑出教授
      ローマクラブ本部執行役員・日本代表、世界交通学会前会長・COVID-19タスクフォース委員長
      日本工学アカデミー中部支部長

 

※ 詳細は 中部支部の支部ホームページ(こちら)をご覧ください。

 


 
参加費:無料
申込締切:2021年3月19日(金) 
参加申込:お申込みはこちら(オンライン登録) 
     ※申込みを終えると、回答のコピーがメールで届きます。
     ※開催日の数日前に、オンライン招待状をお送りします。
お問合せ:EAJ中部支部事務局 info.eajc [at] gmail.com([at]は @ に置き換えて下さい)
 

主催:公益社団法人日本工学アカデミー(EAJ) 中部支部
協賛:公益社団法人日本工学アカデミー(EAJ) 関西支部
後援:中部圏SDGs広域プラットフォーム
 
 

3月
29
【オンライン開催】EAJ海洋プラスチック研究プロジェクト 第2回セミナー @ Zoomオンライン開催
3月 29日 @ 2:00 PM – 6:00 PM

第2回セミナーは、海洋プラスチック問題への産業界の対応及び生分解性プラスチック等の対応技術について有識者からご講演をいただき、これをもとに今後の方向性について議論する。
 
 主催:日本工学アカデミー(EAJ)  共催:MaOI機構(共催 東京工業大学イノベーション科学系)
 
【 プログラム 】

14:00~ 開会・趣旨説明
日本工学アカデミー 海洋プラスチック研究プロジェクト委員長
東京工業大学環境・社会理工学院 イノベーション科学系教授 橋本正洋
14:10~ 〇海洋プラスチックへの対応・生分解プラスチック技術開発の現状と将来性
講演1
(独)製品評価技術基盤機構 バイオテクノロジーセンター 専門官 紙野圭 氏

14:50~ 講演2
東京工業大学 物質理工学院 材料系 ライフエンジニアリングコース 柘植丈治 准教授
15:30~ 休憩
15:35~ 講演3
株式会社カネカ バイオテクノロジー研究所 佐藤俊輔 氏
16:15~ 〇海洋プラスチック問題への産業界の対応
講演4
日本プラスチック工業連盟 加藤英仁 専務理事
16:55~ 休憩
17:00~ パネルディスカッション
18:00 閉会

【 日時 】2021年3月29日(月)14時~18時
【 場所 】zoomによるオンライン開催
    ・参加お申し込みの方には、開催日までに接続情報をお送りします。
【 申込・お問合せ先 】kaiyoseminar2@maoi-i.jp
    所属名、所在地、お役職、お名前、連絡先電話番号及びメールアドレスを明記の上
    上記アドレス宛メールにてお知らせください。※申込期限:3月19日(金)

4月
14
企画運営会議 @ Zoomオンライン開催
4月 14日 @ 3:00 PM – 5:00 PM
4月
20
会員選考委員会 @ Zoomオンライン開催
4月 20日 @ 5:00 PM – 6:30 PM
5月
6
“Future Urban Design to promote achievement of the SDGs through STI” organized by Engineering Academy of Japan/EAJ科学技術イノベーション2050委員会主催「STIによるSDGs達成を促進する都市の未来デザイン」 @ (オンライン開催)
5月 6日 @ 8:00 AM – 10:00 AM

Department of Economic and Social Affairs, United Nations主催「STIフォーラム」のサイドイベントです

開催日:2021年5月6日(木)8:00~10:00
申込はこちら / Click here to register(Zoom webinar)
・問い合わせ先:EAJ事務局 / EAJ Office
        Mail : academy (at) eaj.or.jp
        有川太郎(幹事)/ For inquiries : Taro Arikawa
        Mail:taro.arikawa.38d (at) g.chuo-u.ac.jp

主催:公益社団法人日本工学アカデミー
共催:国連大学、国際連合日本政府代表部
後援:国際連合工業開発機関(UNIDO) 東京投資・技術移転促進事務所

詳細はこちら / Click here for details (PDF 660KB) 

STI Forum 2021 公式サイトはこちら(https://sdgs.un.org/tfm/STIForum2021)

”Future Urban Design to promote achievement of the SDGs through STI”

There has been an outbreak of a COVID-19, which in its typical form threatens human security. This outbreak was primarily caused due to the rapid spread of the highly contagious virus among globally linked cities, which led to widespread and prolonged lockdowns in cities worldwide. According to United Nations, this Pandemic led to a rise in the unemployment rate and the first increase in poverty globally since 1998.
Urban areas developed rapidly in the 20th century, and according to DESA, 68% of the world's population, that is 6.7 billion people, are expected to live in urban areas by 2050. Furthermore, the NUA2020 shows that living in cities contributes to economic prosperity, environmental conservation, and social equality. Therefore, it is urgent to consider how urban areas can develop sustainably under infectious diseases to ensure human security. The pandemic also makes us recognize that it is essential to consider the well-being of residents as well as ensure human security in cities, as there were many cases of mental health problems caused by long-term lockdowns. In this session, we propose a new urban design that enables sustainable development while ensuring comfort during normal times and Decent Living Standards (DLS) during outbreaks.
The committee for Science, Technology, and Innovation in 2050 (STI2050) under the Engineering Academy of Japan (EAJ) has been discussing how to recover better in green after this situation and preparing an insight report. This session will introduce a part of preliminary insights of the report, and potentially contribute for the STI forum through vision and policy makings from national, urban, and infrastructure planning perspectives incorporated with human dimension.
The Pandemic makes many engineers return to basics to guide our way of thinking. For example, does materialistic prosperity ensure happiness or well-being? What is most important to us as human beings? What is the final destination of engineering—the true objective of engineering?
Besides, we realized that the engineers are responsible for working together across disciplines to build a resilient and sustainable system that will prevent the entire city from disrupting at once, no matter the situation.
The challenge facing the Pandemic is to compromise the trade-offs among freedom, comfort, and security through STI and realize a city that can serve as the platform of prosper lives, and we hope that this session will help to achieve this goal.

The followings are our recommendations, and this session will focus on them.
1)      Create a human-centered city that pursues well-being and aims to ensure comfort in usual and the Decent Living Standards during outbreaks.
2)      Realize a city that ensures human security and well-being under any circumstances by achieving an autonomous and decentralized urban cluster structure without disrupting the current urban structure.
3)      Develop a system to autonomously manage an entire city with humans and AI's cooperation by connecting diverse data between urban clusters.

Invited Speakers:
1. Introduction and "Outbreak Risk Management and Future City"
    by Prof. Taikan Oki (United Nations University)
2. "Fragmented infrastructure systems in Ulaanbaatar, Mongolia: Assessment from a Resource Nexus and public health perspective"
    by Prof. Dr. Daniel Karthe(United Nations University)
3. "Design from Crisis"
    by Prof. Mikiko Ishikawa (RDI, Chuo University):
4. "Japanese smart city projects in Russia" (15 min.)
    by Ms. GuzelIshkineeva(United Nations University):
5. "Human security and well-being for urban design with STI"
    by Prof. Yoshikazu Nakajima (Tokyo Medical and Dental University)
6. Discussions, Questions and Answers (moderator Prof. Oki)

Organizer: The Engineering Academy of Japan
Organizing partners: United Nation University, Tokyo Office of the United Nation Industrial Development Organization, Permanent Mission of Japan to the United Nations

 

 

 

5月
13
第37回〈通算第139回〉通常理事会 @ Zoomオンライン開催
5月 13日 @ 2:00 PM – 4:30 PM

 ※ 開催日が変更になりました。

6月
1
第9回〈通算第25回〉定時社員総会 @ ホテル東京ガーデンパレス「平安」よりWEB配信
6月 1日 @ 1:00 PM – 1:35 PM

※リモート会議(ライブ配信)で開催します。視聴参加の方法については、別途ご案内します。

第38回〈通算第140回〉通常理事会 @ Zoomオンライン開催
6月 1日 @ 1:40 PM – 1:55 PM