イベント情報

2月
10
EAJ共催 – 第9回九州工学教育協会シンポジウム「若者がエンジニアを夢見るためにⅤ~地域で育てる、地域を育てる~」 @ JR博多シティ大会議室10階(福岡市博多区博多駅中央街1番1号)
2月 10日 @ 1:00 PM – 4:30 PM

内容
九州工学教育協会は、工学教育のあり方について産学官が連携して議論を深め、わが国の産業の発展を支える技術系人材の育成を図ることを目的として活動しています。今回のシンポジウムでは、「地域で育てる、地域を育てる」をテーマに、「グローバルサイエンスキャンパス」委託事業である「九州大学未来創成科学者育成プロジェクト」(以下、「QFC-SP」)の取り組みとその将来について話題提供し、企業会員の活動紹介を通して、九州地域全体で工学を盛り上げていく方法を議論します。

※ 詳細は、公式WEBサイトをご覧ください。

 

主催:九州工学教育協会 
共催:公益社団法人 日本工学教育協会、公益社団法人 日本工学アカデミー(EAJ)
後援:福岡県教育委員会、九州経済産業局

 

・日時:2020年2月10日(月)
   13:00~16:30 シンポジウム (JR博多シティ大会議室10階
   17:00~18:30 交流会 (KITTE博多10階
   ※ お問い合わせ、お申し込み等は、こちら(公式WEBサイト)をご覧ください。

・講演
   九州大学工学研究院 教授 田中 將己
   トヨタ自動車九州株式会社 取締役 田中 実
   熊本大学工学部長 宇佐川 毅
・対象
   九工教役員及び全会員、工学教育に関心のある高校関係者、企業関係者、その他一般 他
※(公益社団法人日本工学教育協会(日工教)地区工教)/第9回九工教シンポジウム「若者がエンジニアを夢見るためにⅤ」を開催

3月
18
企画運営会議 @ 学士会館306
3月 18日 @ 3:00 PM – 5:00 PM

※ 場所が変更になりました。

4月
15
企画運営会議 @ EAJ事務局 会議室
4月 15日 @ 3:00 PM – 5:00 PM

※ 場所は、日本工学アカデミー事務局内の会議室です。

6月
17
企画運営会議 @ (WEB会議)
6月 17日 @ 3:00 PM – 5:00 PM

※ 場所は、日本工学アカデミー事務局内の会議室です。

7月
1
企画運営会議 @ (WEB会議)
7月 1日 @ 3:00 PM – 5:00 PM
8月
4
研究・イノベーション学会 第35回シンポジウム「COVID-19による現在と科学技術イノベーションのあるべき姿」 @ オンライン開催
8月 4日 @ 4:00 PM – 6:15 PM

開催趣旨:
COVID-19の影響は市民社会の様々な側面に大きな影響を及ぼしている。特に経済活動への影響は大きく、近代社会がこれまでに経験したことのない変化が訪れつつある。研究・イノベーション学会では、これまで年次シンポジウムにおいて長期における科学技術の趨勢を展望するテーマを扱っており(昨年は「SDGsを実現するためのイノベーション・エコシステム」)、研究開発に関連した集団としてその意見形成に貢献している。

本年度のシンポジウムのテーマとして、現在人類が直面する、COVID-19の社会への影響と、その影響に対して研究・イノベーション学会および周辺コミュニティがどのように貢献できるかを考えることとした。
 
※詳細は公式WEBサイト(こちら)をご覧ください。
 
主催:研究・イノベーション学会
共催:日本工学アカデミー
参加費:無料
 
日時:8月4日(火)16:00-18:15
会場:オンライン開催
申し込み締め切り:7月31日(金) お申し込みはこちら(オンライン登録)

 
【 講演 】
・七丈 直弘(一橋大学・教授、政策研究大学院大学・客員教授、当学会業務委員長)
・猪瀬 淳也(株式会社三菱総合研究所 政策・経済研究センター・研究員)
・石井 大地(株式会社グラファー・代表取締役CEO)
・古川 俊治(参議院議員)
・原山 優子(東北大学名誉教授、当学会会長、日本工学アカデミー・副会長)
・渡辺美代子(国立研究開発法人科学技術振興機構・副理事、日本学術会議・副会長)
・後藤 康浩(亜細亜大学都市創造学部・教授)
 
※詳細は公式WEBサイト(こちら)をご覧ください。

情報科学(AI)・数理・データ科学の実践と人材育成@大阪大学

9月
14
企画運営会議 @ (WEB会議)
9月 14日 @ 3:00 PM – 5:00 PM

※ WEB会議となります。
※ 通常は、(水)ですが今回は(月)となります。

9月
29
【オンライン開催】EAJ中部支部後援 予兆学シンポジウム YOCHOU2020 @ オンライン開催(参加無料)
9月 29日 @ 2:00 PM – 4:00 PM

予兆学からコロナ社会を考える ーCOVID-19で見えてきたこと、見えなくなったことー

【プログラム】
14:00-14:10
開会の挨拶
原 邦彦(名古屋大学 大学院情報学研究科)

14:10-14:30
講演1: 感染禍という自然実験下で見いだせるもの
講演者:三浦麻子(大阪大学 大学院人間科学研究科)

14:30-14:50
講演2:計算社会科学で探るインフォデミックの予兆
講演者:笹原和俊(名古屋大学 大学院情報学研究科)

14:50-15:10
講演3:ポストコロナ社会と予兆学
講演者:梶川裕矢(東京工業大学 環境・社会理工学院)

15:10-15:30
講演4: 予兆学と多義性
講演者:宇澤 達(名古屋大学 大学院多元数理科学研究科)

15:30-16:00
全体討論
総合司会:大平英樹(名古屋大学 大学院情報学研究科)

※詳細は、イベント公式ページよりご覧ください。


【 場所 】オンライン開催
【 参加登録 】無料 どなたでも参加できます。事前登録制です。
・参加登録後、視聴URLをお送りします。
【 参加申込 】お申し込みはこちら(オンライン登録)
・登録受付:2020年9月27日(日)正午まで

 

主催:名古屋大学 大学院情報学研究科
後援:公益社団法人日本工学アカデミー(EAJ)中部支部

11月
4
企画運営会議 @ (WEB会議)
11月 4日 @ 3:00 PM – 5:00 PM

※ オンライン開催となりました。

12月
9
企画運営会議 @ (WEB会議)
12月 9日 @ 3:00 PM – 5:00 PM

※ オンライン開催となりました。