ジェンダー委員会

イノベーションには多様性が重要であり、特にジェンダーの視点は必須であるため、イノベーションにおいて中核的役割を担う工学における我が国のジェンダーの取り組みを率先して推進する。特に産業界の積極的な関与を引き出し、女性の問題に限定せずに広くジェンダーの課題に取り組む。


委員長: 渡辺美代子
副委員長: 城石芳博、辻佳子
委員: 大倉典子、川村みどり、陳迎、鳥居塚崇、中島義和、行木陽子、平尾明子、
森勇介、森田純恵
アドバイザリー: 阿尻雅文、天野玲子、石原直、伊藤一秀、大野英男、大橋俊朗、
小宮山宏、長井寿、長坂徹也、中西友子、永野博、原山優子、丸山一平
学生委員: 秋山茉莉子、堀内榛香、峯村梓、依田みなみ、Jin Yi

 

1.ジェンダーシンポジウム

 ・2021年1月21日 第4回EAJジェンダーシンポジウム 
 ・2020年1月28日 第3回EAJジェンダーシンポジウム
 ・2019年1月16日 第2回EAJジェンダーシンポジウム
  →シンポジウムの内容について「JSTサイエンスポータル」に紹介されました。
 ・2018年3月31日 第1回EAJジェンダーシンポジウム
 

2.ダイバーシティに関するGood Practice

みなさんは、新聞、記事、論文などで名前は知っているけど、一度、直接話を伺ってみたいと思っている人はいませんか?Webインタビューで直接話を伺ってみませんか?まとめていただいた記事は日本工学アカデミーが発行するEAJ ニュースにて公開させていただきます。インタビューの時期は、インタビュアーの都合を最大限尊重いたします。
(これまでのインタビュー記事はこちら

 
学生インタビュアー募集
  1)応募資格:日本国内で活躍する大学院学生 複数名での応募は不可
  2)応募期間:随時
  3)応募締切:第9回〆切は 2021年7月23日  [NEW]
  4)応募方法:応募書類 (Word) こちら をダウンロードして gender@eaj.or.jpにメール送付下さい。
  5)応募からインタビュー記事掲載までの詳細は(PDF 550KB)こちら をご覧ください。
  ※ポスター(PDF 1MB)はこちらをご覧ください。

これまでのインタビュー
 
 ・佐々木かをりさんにインタビュー [NEW]
   東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯理工保健学専攻
   修士課程1年 堀内 榛香

筆者は生体情報工学に関して研究を行っており、卒業後は企業で働くことを考えています.大学院で身につけた知識や経験、スキルを活用して、社会に貢献したいと考えています.工学分野では働く女性の割合が1割程度と少ない環境にあり,今後働く際に妊娠・出産・育児のために働ける期間が短くなる可能性があるため,女性としてどのように社会で働いていけばよいかについて,考えてみたいと思っていました.
一方,近年において多くの企業がダイバーシティの重要さを唱え,「女性の管理職の割合」や「育児休暇の取りやすさ」を強調しています.ダイバーシティのメリットは十分に理解できる一方,既に成功を収めている企業でもダイバーシティの課題など改良すべき点はないのか,という疑問が残りました.この疑問について,佐々木かをりさんにお話を伺いたいと思い,インタビューさせて頂きました.  (全文を読む)...

 ・山崎直子さんにインタビュー [NEW]
   東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 医歯理工保健学専攻
   修士課程1年 峯村 梓

筆者には,技術者として世界中の人間が等しく高度な医療を受けられる体制を整えるという夢がある.この夢をかなえるためには,企業で技術者としてキャリアを積むことが第1歩だと考えている.一方で,今後母親としての生き方も送りたいという思いもある.これらを両立できるのか,バランスを上手くとれるかという不安もあり,仕事と子育ての経験をお持ちの山崎直子さんにインタビューしたいとの思いを強くした.日本人宇宙飛行士,JAXAの技術者として宇宙開発に尽力されてきた山崎直子さん.山崎さんが子育てをしながら宇宙でのミッションを行ったことを知り,そのときのご経験や考え方,加えて,宇宙飛行士になるまでどんな生き方をしてきたのかということに興味を持った.山崎さんに,工学分野に足を踏み入れたきっかけとその魅力,技術者としてのキャリアを積みながら子育てを行ったご経験をうかがった.  (全文を読む)...

 ・Prof. Anne Condonさんにインタビュー  [NEW]
   Department of Robotics, School of Engineering, Tohoku University
   Master Course 2nd Year, Jin Yi

As a female international student studying at Tohoku University, I have observed that the ratio of both female faculty members and female students in my department is fairly low. I have been always thinking about this phenomenon. Is it only happening at universities in Japan, or is it actually pretty common everywhere in the world? Is there anything we can learn from the other universities in other countries? To this end, I interviewed Professor Anne Condon (currently a professor of Computer Science at the University of British Columbia, and a previous NSERC* Chairholder for Women in Science and Engineering) who has been active on the front line of gender equality promotion.  (Read more/全文を読む)...


ご協力ありがとうございました

(インタビュー対象者) (学生インタビュアー)
第7回 佐々木かをりさん 堀内 榛香(東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 医歯理工保健学専攻 修士課程1年)
第7回 山崎直子さん 峯村 梓(東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 医歯理工保健学専攻 修士課程1年)
第6回 Prof. Anne Condonさん Jin Yi(東北大学大学院 工学研究科ロボティクス専攻 修士課程2年)
第5回  - 採択者なし
第4回 岩尾エマはるかさん 依田みなみ(電気通信大学大学院情報理工学研究科 博士後期課程1年)
第3回 小林明子先生 佐々木勇輔(京都大学総合生存学館総合生存学専攻医薬生命)
第2回 天野浩先生 寺林稜平(名古屋大学大学院エネルギー理工学専攻 博士後期課程3年)
第1回 向井千秋さん 秋山茉莉子(東京大学 大学院新領域創成科学研究科 先端エネルギー工学専攻 修士2年)

 

3.ジェンダー委員会企画

これまでのイベント

2020年10月22日開催 女性会員と小林会長との意見交換会(Zoom会議)
報告記事(PDF)
EAJ NEWS No.186 (Jan. 2021) P.3「女性会員と会長との意見交換会報告」
2019年12月18日開催 阿部会長と女性参画を通じた工学活性化について語る会
報告記事(PDF)
EAJ NEWS No.183 (Apr. 2020) P.12「会長と女性参画を通じた工学の活性化について語る会報告」

 

4.Science AGORA

サイエンスアゴラは、「科学」と「社会」の関係をより深めていくことを目的として、あらゆる立場の人たち(市民、研究者・専門家、メディア、産業界、行政関係者など)が参加し対話するオープンフォーラムです。

・2019年11月17日 ScienceAGORA 2019 出展「サイエンスアゴラ EAJパネル討論」
 『職場の常識、非常識 どんな職業に就けたい、就きたい?』
 →Science AGORA 2019 出展記事は、「EAJ NEWS No.182 Jan,2020 (P.8~)」をご覧下さい。