skip to Main Content

公益社団法人 日本工学アカデミー

日本工学アカデミーは、工学・科学技術全般の発展に寄与する目的で設立された産学官の指導的技術者の団体です

お問い合わせ

Email: academy(at)eaj.or.jp
Phone: 03-6811-0586
〒101-0064 東京都千代田区神田猿楽町二丁目7番3号 HKパークビルⅢ 2F

アクセスマップ

03-6811-0586
academy(at)eaj.or.jp

科学技術イノベーション2050委員会

「2050年に向けて技術の棚卸しを含む現状把握をした上で、2050の目指すべき将来像に向けて必要な技術、それを実現するための「科学技術・イノベーション」ロードマップを描くこと」を目的とし2019年11月に設立。次の3つのテーマに取り組む。
(1)スマートな都市、快適で強靭な人間居住の実現
(2)持続可能で格差のない水・食料・エネルギーアクセスの実現
(3)可視化されたエビデンスと多様な価値観の許容に基づくガバナナンスの実現

メンバー

委員長: 沖大幹
幹事: 有川太郎、*平川祥子
委員: 有本建男、江藤学、大江田憲治、太田香、*大竹暁、北島正章、日下晴彦、倉持隆雄、小泉英明、*小林孝明、城石芳博、杉山郁夫、中島義和、永野博、藤野陽三、*森尚樹
*非会員

活動方針

公益目的事業に係わる活動として

2050年に向けて技術の棚卸しを含む現状把握をした上で、2050年の将来像に向けた必要な技術、それを実現するための「科学技術・イノベーション」ロードマップを描き、22世紀に向けて持続可能な社会を実現するためのアクションプランを提言することを目的とする。2021年度は、2020年度に提示した3つの課題の将来像やロードマップをベースとして、国際WSを開催し、国内外の専門家と議論を交わすとともに、日本の考え方を示した。また、賛助会員や政治家に向けたレクチャーの開催を行い、報告書ならびに3つの課題に対するロードマップを作成し、シンポジウムを開催した。2022年度においては、3つの課題のうち、1つ程度に絞り、さらに深めた議論を行い、より詳細なロードマップを提案していくことを基本方針とする。その際、オンラインを活用した会議、WSを開催するとともに、委員以外の方々にも講師をお願いし、知見を深めていく。さらには、コロナ禍で開催しづらかった、対面での委員会も1度程度開催し、委員同士の議論の深化を図りたい。(2022年度 事業計画より)

お知らせ

持続可能社会に向けた科学技術・イノベーションロードマップの提言
STI Roadmap to Achieve the Sustainable Development Goals - The Road to 2050 - を公開しました

2050年の未来社会を考える
可視化されたエビデンスと多様な価値観の許容に基づくガバナンス
2050年の世界のエネルギー・食料・水ネクサス
快適で強靭な人間居住を実現するスマートな都市


EAJ STI2050委員会より「エグゼクティブサマリー」を公開しました

可視化されたエビデンスと多様な価値観の許容に基づくガバナンスの実現
Realisation of governance based on visualised evidence and tolerance of diverse values
持続可能で格差のない水・食料・エネルギーアクセスの実現
Achieving sustainable and equitable access to water, food and energy
快適で強靭な人間居住を実現するスマートな都市
Smart cities for comfortable and resilient human settlements

これまでの活動

2022年2月22日 日刊工業新聞に科学技術イノベーション2050委員会の活動が掲載されました

未来を変える/国連工業開発機関(UNIDO)東京事務所長 安永裕幸
・日刊工業新聞ホームページはこちら(https://www.nikkan.co.jp/articles/view/628625

※記事はこちら(PDF 4MB)からもご覧いただけます。【日刊工業新聞社より転載承認済(承認番号:N-22030306)】

・「持続可能社会に向けた科学技術・イノベーションロードマップの提言」は近日中に公開予定です。


CAETS COP26 声明”政府の気候目標達成を助けるエンジニアの誓い”が発表されました

科学技術イノベーション2050委員会からCAETS SDG作業部会に参加し、声明作成に寄与しました。
“Engineering’s Commitment to Help Governments Achieve Climate Goals”(PDF 200MB)

国際工学アカデミー連合(CAETS)実行委員会 はこちら


科学技術イノベーション2050委員会から投稿した2021年5月の論文が国連の報告書に採択されました

Taro Arikawa, Ikuo Sugiyama, Yoshikazu Nakajima, Hideaki Koizumi and Taikan Oki, “The Future of Urban Design” in the publication of United Nations IATT, “Emerging science, frontier technologies, and the SDGs”, May, 2021, (Article on P127-130)


「STI Form 2021のサイドイベント」2021年5月6日 開催

Department of Economic and Social Affairs, United Nations主催「STIフォーラム」のサイドイベントです。
”Future Urban Design to promote achievement of the SDGs through STI” [5/6開催]

※ 詳細は こちら(PDF)をご覧ください。

Back To Top