国際工学アカデミー連合(CAETS)実行委員会

CAETSは、現在、世界26カ国の工学系アカデミーから構成されています。メンバーは、その国を代表する1工学系アカデミーに限られ、かつ一定の水準を満たすことなどの加盟条件が定款(bylaws)によって規定されています。日本工学アカデミー(EAJ)は1990年に加盟が認められました。毎年1回総会(評議会)・併催シンポジウムを開催しますが、一定の基準を満たした形で行われる場合に、CAETS Convocationと呼ばれています。

実行委員

 委員長:長井 寿

Statement

2015年10月13-15日"Pathways to Sustainability in the Energy, Mobility and Health Care Sectors"  ニューデリー/インド
2014年06月02-04日"Engineering and the Future of Humankind"  北京/中国
2013年06月28日"Educating Engineers"  プダペスト/ハンガリー
2012年08月31日"Urban Development and Public Transportation: Improved Understanding of the Interdependencies"  チューリッヒ/スイス
2010年06月29-30日"Sustainable Food Systems-Toward Food for All"  コペンハーゲン/デンマーク
2009年07月13-17日"Global Natural Resources-Management and Sustainability"  カルガリー/カナダ
2008年06月25-27日"Delta Technology for a Sustainable and Habitable Planet"  ハーグ/オランダ
2007年10月23-26日"Environment and Sustainable Growth"  東京/日本
 CAETS 2007  東京声明(日本語抄訳)
2006年06月01-02月"The Role of Hydrogen in Our Energy Future"  ブリュッセル/ベルギー
2005年07月10-14日"Oceans and the World’s Future"  ケアンズ/オーストラリア

その他

2011年07月01日CAETS2011 MEXICO Council Meetingでの日本の挨拶 メキシコシティ/メキシコ