skip to Main Content

公益社団法人 日本工学アカデミー

日本工学アカデミーは、工学・科学技術全般の発展に寄与する目的で設立された産学官の指導的技術者の団体です

お問い合わせ

Email: academy(at)eaj.or.jp
Phone: 03-6811-0586
〒101-0064 東京都千代田区神田猿楽町二丁目7番3号 HKパークビルⅢ 2F

アクセスマップ

03-6811-0586
academy(at)eaj.or.jp

EA-RTM 東アジア工学アカデミー円卓会議実行委員会

日本工学アカデミー(EAJ)、中国工程院(CAE)韓国工學翰林院(NAEK)の3ヵ国工学アカデミー間の会議です。1997年に第1回が大阪で開催されて以来、日中韓が毎年輪番で、円卓会議と3国共通に関心のあるテーマのシンポジウムを開催しています。

EA-RTM Bylaws

メンバー

委員長: 三島 望

お知らせ

第25回EA-RTMシンポジウム開催要領

2022.10.21 [新着]

開催趣旨
東アジア工学アカデミー円卓会議(EA-RTM)は、日中韓における共通的な関心事項について、相互に情報を共有し、将来に向けた展望を描くことを目的として、国際協力を推進している。2022年に日本がホスト国としてEA-RTMを主催するに当たり、近年地球規模の気候変動が引き金となって、異常気象等により大きな被害がもたらされていることを踏まえ、「気候変動への適応策としての防災・減災技術」をテーマとしてシンポジウムを開催し、効果的な防災・減災対策の強化に貢献していく。

【 日時 】2022年11月10日(木)
・9:30~15:30 公開シンポジウム
・15:30~17:00 工学アカデミー円卓会議(関係者のみ)
【 会場 】オンライン開催(Zoom Webinar)
【 言語 】英語(同時通訳はありません)
【 参加登録 】お申し込みはこちら(オンライン登録)
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_qni-mjkJRYuzkru6KdFg0g
【 参加費 】無料

【テーマ・講演者】

International Symposium on Prevention and Mitigation of Disasters
as Climate Change Adaptation

気候変動への適応策としての防災・減災技術に関するシンポジウム

Keynote Speech: Prof. Taikan Oki, University of Tokyo
Session 1: Frontiers of flooding prediction and flood control in the river basin
Professor Kei Yoshimura, Institute of Industrial Science, the University of Tokyo (EAJ)
Dr. Joon woo Noh, K-water Research Institute, Korea Water Resources Corporation (NAEK)
Professor Yang Dawen, Tsinghua University (CAE)
Session 2: Frontiers of landslide disaster prediction and damage reduction measures
Professor Yasuhiro Shuin, Kyushu University (EAJ)
Professor Sangseom Jeong, School of Civil and Environmental Engineering, Yonsei University (NAEK)
Dr. Yin Yueping, general engineer, Environmental Monitoring Center of China Geological Survey (CAE)
Session 3: Other advanced measures for prediction and mitigation of water hazards
Professor Nobuhito Mori, Disaster Prevention Research Institute , Kyoto University (EAJ)
Professor Hungsoo Kim, Department of Civil Engineering, Inha University (NAEK)
Dr. Cheng Xiaotao, former deputy chief engineer, Chinese Academy of Water Sciences (CAE)

アンケート調査(終了)

第10回目となるアンケート調査を実施いたします。会員の皆さまのご協力をお願いいたします。

The 2022 Survey on the Technology Cooperation of China-Japan-Korea

【アンケート】オンライン回答はこちら(終了しました)
【回答締切】2022年10月15日(金)正午
【対象】EAJ正会員・客員会員・賛助会員


これまでの活動

第24回東アジア工学アカデミー円卓会議(北京)[オンライン開催]

第23回東アジア工学アカデミー円卓会議(ソウル)[オンライン開催]

第22回東アジア工学アカデミー円卓会議(大阪)

第21回東アジア工学アカデミー円卓会議(杭州)

第20回東アジア工学アカデミー円卓会議(釜山)

過去の開催(一覧へ)

2018年 第21回 EA-RTM(杭州)   “次世代のAI”
2017年 第20回 EA-RTM(釜山)   “Smart City”
2016年 第19回 EA-RTM(福岡)   “Advanced Maintenance”
2015年 第18回 EA-RTM(武漢)   “Advanced Manufacturing”
2014年 第17回 EA-RTM(済州島)”Emerging Technology for Aging Society”
2013年 第16回 EA-RTM(東京)    RTMのみ
2012年 延期(福岡)                   “Engineering towards Human Security and Well-being”
2011年 第15回 EA-RTM(釜山)   “Digital Innovation”
2010年 第14回 EA-RTM(西安)   “Engineering Technologies in the Circular Economy”
2009年 第13回 EA-RTM(名古屋)”Transportation toward Low Carbon Society”
2008年 第12回 EA-RTM(ソウル)”Convergence Technology”
2007年 第11回 EA-RTM(北京)   “Innovation”
2006年 第10回 EA-RTM(東京)   “Institutional Innovation in East Asia”
2005年  第9回  EA-RTM(ソウル)”New and Renewable Energy”
2004年  第8回  EA-RTM(蘇州)   “Engineering Technology and Sustainable Development”
2003年  第7回  EA-RTM(東京)   “Better Engineers, Better Professionals”
2002年  第6回  EA-RTM(ソウル)”Role and Status of Engineers in the Society”
2001年  第5回  EA-RTM(重慶)   “Engineer Professional Accreditation and Engineering Education”
2000年  第4回  EA-RTM(淡路島)”IT and Engineering Education Based on Our Common Culture”
1999年  第3回  EA-RTM(ソウル)”Role of Engineers in Environmental Conservation”
1998年  第2回  EA-RTM(杭州)   “The Asian Financial Crisis and Engineering Technology”
1997年  第1回  EA-RTM(大阪)   “On the Roles of Non-Governmental Engineering Academies”

Statement
意識調査

EAJ は主に会員などの学識経験者を対象に、日中韓工学アカデミー共同アンケート(意識調査)を 2013年度より実施しております。結果は3ヵ国の工学アカデミーにて取りまとめた後、日本ではホームページ等を介して結果を公表しております。

2017年「スマートシティ」 : 調査結果2017 (PDF)
2016年「先端メンテナンス」 : 調査結果2016 (PDF)
2015年「先進的製造業」 : 調査結果2015 (PDF)
2014年「高齢化社会のための技術」 : 調査結果2014 (PDF)
2013年「グリーンテクノロジー」 : 調査結果2013 (PDF)

Report等
Back To Top